株式会社環境研究センター

環境調査

ホーム > 環境調査 > 研究機関の調査研究補助

研究機関の調査研究補助

  (株)環境研究センターでは、研究所・大学等の研究機関の、生物を対象とした調査研究の補助業務を行っております。豊富なフィールド経験と生物の専門知識、高度な生物分類技能を備えたスタッフにより、調査研究を効率的に進めるお手伝いをいたします。

調査研究補助
研究所・大学等の研究機関 (株)環境研究センター    

研究・実験用の野生生物のサンプリング
   研究および実験に必要な野生生物を指定の地域から採集します。

  魚道実験用の魚類の採集
   ハゼ類、カジカ類等の魚道を利用する魚類の採集を行っています。

  環境ホルモン研究用の魚類・貝類の採集
   現存の環境ホルモンの状況を把握するための各種の淡水魚類、ムラサキイガイ等の貝類の採集を行っています。

  安定同位体による生態系研究用の魚類の採集
   安定同位体を用いた生態系の研究に用いる、ウグイ、オイカワ、コイ等の魚類の採集を行っています。

野外での研究補助
   基礎的な野生生物に関する調査を実施いたします。

  トンボの分布調査
   カワトンボの研究において、基礎的な知見を得るための分布状況の調査を行っています。

  GISを使ったヨシ原の鳥類の分布調査
   GISを使った解析のための基礎データとなるオオヨシキリ等のヨシ原の鳥類の分布状況の調査を行っています。

  遺伝的多様性の研究のための魚類・底生動物・付着藻類調査
   遺伝的多様性の研究のためのホトケドジョウ等の魚類とその食物となりうる底生動物、藻類の調査を行っています。

  濁質と水流がもたらす魚類・底生動物・付着藻類への影響調査
   洪水などを想定した濁質と水流による生物相への影響をみるため、ダム湖のフラッシュ放流を利用して放流前と後の魚類・底生動物・付着藻類の変化をみる調査を行っています。

  河川形態別に生息する魚類調査
   水門、堰、水田と川が分離する等の魚類の繁殖や上下流に関わる障害がある河川とない河川で魚類相の違いをみる調査を行っています。

室内での研究補助
   野外のみだけでなく、室内で行う研究補助も実施いたします。

  水流速と付着藻類の現存量の調査
   水流速による付着藻類の剥離がどの程度おこるかを調べる実験の補助を行っています。

  魚類の消化管内容物調査
   魚類の食性みるため、解剖して消化管の内容物の同定・確認を行っています。

  濁質に対する魚類の耐性試験
   魚類が濁質にどれだけ耐えられるかを調べるための実験の補助を行っています。

  ヨシ原の鳥類の餌となる昆虫類の同定
   ヨシ原に生息する鳥類の餌になっていると考えられるヨシ原の昆虫類の同定を行っています。

  空中写真判読による植生調査
   空中写真を年代別に判読し、植生の状況を確認する作業を行っています。

 
カワトンボ調査 カワトンボ調査
貝類の採集 貝類の採集
底生動物調査 底生動物調査
魚類調査 魚類調査
魚類調査 魚類調査


お問い合わせ先

株式会社 環境研究センター
環境事業部
所在地:〒305-0857 茨城県つくば市羽成3-1
電話:029-839-5511
FAX:029-839-5527
メールによるお問い合わせ
URL:http://www.erc-net.com/