株式会社環境研究センター 食品安全検査事業部

ポジティブリスト対策に残留農薬分析・検査を 食品安全検査の環境研究センター 食品安全検査事業部

ホーム > 食品安全検査 > 食品に含まれるカドミウムの分析

食品に含まれるカドミウムの分析

  食品衛生法により、その過剰な摂取が人体に悪影響を及ぼすものとして、カドミウムや鉛、水銀、ヒ素に関しては、規格基準が定められております。

  米に含有するカドミウムについては、これまでは1ppmを規格基準(0.4ppm以上1ppm未満の米に関しては工業用に利用)とされていましたが、平成22年4月8日に食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件が公布され、米に含有されるカドミウム及びその化合物にあっては、玄米及び精米中にCdとして0.4ppmを超えて含有するものであってはならないとされました。

※平成23年2月28日より施行されます。

  (株)環境研究センターは、短納期、低価格にて食品衛生法に基づいた高精度な重金属分析サービスを行っております。

  米のカドミウムについては、誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)を使用した分析を行っております。

分析項目 定量下限値 金額
Cd(カドミウム) 0.05mg/kg \6,000¥6,000
As(ヒ素) 0.05mg/kg \6,000¥6,000
Pb(鉛) 0.1mg/kg \6,000¥6,000
Hg(水銀) 0.01mg/kg \8,000¥8,000

誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)

誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)

関連情報  リンク先:厚生労働省


お問い合わせ先

株式会社 環境研究センター
食品安全検査事業部
所在地:〒305-0028 茨城県つくば市妻木(さいき)210-4 → 事業部マップへ

電話:029-863-2600029-863-2600 
FAX:029-863-2603
メールによるお問い合わせ

URL:http://www.erc-net.com/